保育理念、保育方針、保育目標、保育運営方針philosophy

写真:おもちゃ

保育理念

「家庭的で温かな環境」

家庭にいるような落ち着いた雰囲気の中で、こどもが楽しく元気に過ごせるよう 快適な保育環境を提供する。

「保育の質を重視」

保育の中で[情操面][健康面][自主性と社会性]に配慮した多面的な学びを取り入れ、生きる力を育む保育を行う。

「保護者支援」

保育者は、専門的な知識・技術・人間性を常に磨き、保護者様との信頼関係のもと、子育てにおいて、よきパートナーとなる。

写真:保育イメージ

保育方針

「家庭的で温かな保育」

子どもたちが、のびのびと楽しく過ごせるよう、温かな雰囲気の中で楽しく遊び、自然にルールやマナー、協調性を養う。

「健康増進」

天気のよい日は、毎日戸外で元気いっぱい遊び、健康な身体づくりをする。

「食育」

「食」に関する楽しい経験と食べ物へ感謝する心を育てる。

「自然との調和」

自然や生物に触れることで興味・関心を持ち、環境や生命を大切にする心を育む。

「情操教育」

五感を使ったさまざまな遊びや体験の機会を多く持ち、豊かな感性を引き出す。

写真:子どもたち

Milky Home ミルキーホーム
保育目標

  1. 元気なあいさつ  明るい子
  2. 思いやりのある  優しい子
  3. 好奇心  旺盛な子

保育運営方針

「保育所保育指針に則った」

保育所保育指針に基づいた保育を行う園をつくります。

「子どもたちには楽しく」

子どもが「保育園に行くのが楽しい。」「お友達と遊びたい。」と思える園をつくります。

「保護者様には安心な保育園で」

安心してお子さまを託すことができる園をつくります。

「高水準の保育を」

自らの学びと学び合い協力し合う風土と組織の中で高水準の保育を日々の保育と様々な行事を通して提供します。

「柔軟な体制で提供します」

各ご家庭の状況や地域のニーズに応じ、また緊急な保育にも対応できる柔軟性のある園をつくります。